抗うつ剤との正しい知識を身につけうつ病の治療を行いましょう

  1. ホーム
  2. うつ病の種類について

うつ病の種類について

看護師

うつ病と言っても様々にあるのです

うつ病と一口に言っても、様々な種類があるものです。抗うつ剤もうつ病の種類によって変化させる必要があるため、その種類をよく把握しておくと良いでしょう。一般的にうつ病と言われているものを大うつ病と呼んでいます。この大うつ病になってしまう原因として考えられているのが、日常生活や環境におけるストレスによるものであるとされています。大うつ病になってしまうと気分がふさぎこんでしまう、行動を起こすことがおっくうとなってしまう、食欲が無くなってしまう、寝つきが悪くなってしまうといった症状が現れることとなるでしょう。そのような症状を改善させるためには、抗うつ剤を利用することとなるのです。うつ病の種類の中には双極性うつ病と呼ばれているようなものもあります。この双極性うつ病は近年呼ばれるようになった名称となっています。以前は躁鬱病と呼ばれていました。双極性うつ病になってしまうと、気分が高まっている時期と、抑うつの時期が交互に出現するという症状が出てきます。双極性うつ病は時期によっては大うつ病と勘違いされてしまう事も多くあり、逆に躁状態となってしまっているような時では、うつ病と思われる症状が無いためうつ病を患っていることに気付かないような方も多くいらっしゃいます。双極性うつ病は、大うつ病と比べるとその割合は少ないものとなっています。そのため双極性うつ病の認知はそれほど高くないと言えるでしょう。しかし双極性うつ病の患者に対しては、周囲のサポートが非常に大切になってくるものです。本人がいつもと違う言動をしていると感じたら、家族や周囲の人が気付いてあげることが大切となってきます。そして治療を行う際には医師が決定した抗うつ剤を利用し、きちんと治療を行うことでゆっくりと症状が改善されていく事でしょう。また、気分変調性障害と呼ばれるものもあります。こちらのケースはと言うと、大うつ病のように気分の変動があるわけでもなく、うつ病とは判断することが難しいような状態の場合を指しています。この気分変調性障害を引き起こしやすい時期として挙げられるのが、10代の若い世代となります。10代のころに気分変調性障害となってしまうと、そのまま大人になってもその状態が続いていってしまうということもあるのです。例えば気分変動性障害の特徴として挙げられるのが、自己肯定感が極めて低いことや、周囲へ自分の気持ちを伝えることを避けるといった事となるでしょう。気分変調性障害の場合には抗うつ剤を用いた治療を行うことは少ないですが、精神的な問題を解決するためのアプローチを行っていくことが大切となります。