抗うつ剤との正しい知識を身につけうつ病の治療を行いましょう

  1. ホーム
  2. 仕事との両立について

仕事との両立について

悩む人

両立が出来るのかをよく考えましょう

うつ病の治療を続けつつも、仕事と両立することができるのかどうかと不安に思うような方も多いのではないでしょうか。うつ病の治療の基本となるのは、抗うつ剤を服用することと、休息を取るということになります。しかしうつ病になったとしても仕事を続けているような人も中にはいるものです。そのようなうつ病患者はうつ病の治療と仕事をどのように両立させているのでしょうか。まずはうつ病によって仕事にどのような影響を与えてしまうのかという事を考えてみましょう。うつ病になってしまうと、人とのコミュニケーションを取ることが苦痛となってしまうことが多くなるでしょう。特に人と接する機会の多い営業職といった役職はうつ病になってしまった時、大変な思いをする可能性があります。また、うつ病になってしまうと判断力が鈍ってしまうことがあります。したがって仕事を以前よりもこなすことが出来なくなってしまうことが考えられるでしょう。また、抗うつ剤を服用していると副作用が発生することも多くあります。副作用によって仕事に影響を与えてしまうようなこともあるでしょう。うつ病患者は定期的に病院に通い抗うつ剤を処方してもらったり、カウンセリング受けたりする必要もでてきます。そのため、仕事を定期的に休む必要も出てくることでしょう。また仕事で失敗したりすることによって、治療中にも関わらず新たなストレスが生まれてしまう可能性もあります。うつ病の治療と仕事を両立していくためには、働くことによってうつ病の治療の妨げになることは無いかよく考える必要があるのです。抗うつ剤やカウンセリングを続けていたとしても、うつ病の原因となるストレスが仕事にあったのであれば、うつ病を治すことが困難となってしまいます。したがってうつ病の治療を行いつつも仕事を続けたいといった場合には、医師などに相談して第三者の目から判断してもらうようにしましょう。