抗うつ剤との正しい知識を身につけうつ病の治療を行いましょう

  1. ホーム
  2. 抗うつ剤の副作用

抗うつ剤の副作用

医者

抗うつ剤の副作用を理解しておきましょう

抗うつ剤を用いてうつ病の治療を行っていく時には、抗うつ剤の副作用について充分理解しておくことが必要でしょう。抗うつ剤を服用することによって、うつ病に見られる症状を緩和させたり、解消させたりすることができます。しかし、抗うつ剤には副作用が存在しているのです。ここでは抗うつ剤の作用について説明していきたいと思います。抗うつ剤は脳内の伝達神経物質に働きかけを行い、その分泌を助ける役割を持っています。しかし抗うつ剤は脳内の伝達物質を増加させる直接的な働きを行うことはできません。抗うつ剤の働きとしては、神経伝達物質が神経細胞に取り入れられてしまうのを防ぎ、結果的に神経伝達物質が減少してしまうことを防いでいるのです。しかし抗うつ剤の効果がもたらされる前に出現してしまうものがあります。それが副作用なのです。抗うつ剤の副作用にも様々な種類があります。例えば眠気や頭痛、便秘といったものが挙げられるでしょう。抗うつ剤は副作用の影響も考慮され、少量ずつ服用することとなるでしょう。しかし副作用の度合いにも個人差があるため、強い副作用が発生してしまった場合には医師に相談するようにしましょう。抗うつ剤は飲み始めてしばらくは様子を見る必要があるものです。医師は患者一人一人の状況を考慮して、薬の種類や量を検討していくこととなります。抗うつ剤の副作用はうつ病の症状に効果が現れる前に出現するものですが、一定期間経つと症状が無くなっていくことも特徴となっています。そのため、抗うつ剤を飲み始めた時に我慢して服用を続けられるかということが大切なポイントとなってくるでしょう。