抗うつ剤との正しい知識を身につけうつ病の治療を行いましょう

  1. ホーム
  2. 抗うつ剤だけではない

抗うつ剤だけではない

薬

抗うつ剤以外のうつ病に対する治療方法

うつ病の治療として一般的となっているのが抗うつ剤を使用することです。うつ病の治療として効果が高いということから、うつ病の治療には欠かせない存在となっている抗うつ剤ですが、効果が高いのと同時にその副作用の存在は切っても切れないものでした。近年ではうつ病の研究が進められ、抗うつ剤を利用する以外のうつ病の治療方法が考案されているのです。抗うつ剤を利用すると同時に行われる治療として一般的となっているものが、カウンセリングになっています。カウンセリングを行うことによって、うつ病となってしまった原因を探りつつ、原因を取り除くようにアプローチしていくのです。また、精神的治療方法として挙げられるものの中に、認知行動療法と呼ばれるものがあります。認知行動療法とは自分の感情を上手くコントロールすることが出来るように訓練を行うという治療方法となっています。近年ではこの認知行動療法もうつ病に効果がある治療方法として取り入れられることが多くなってきています。また、うつ病と診断するにあたり、新しい技術が登場しています。それは光トポグラフィー検査と呼ばれるものとなっています。光トポグラフィー検査を行うことによって、うつ病によく見られる脳内の血流の流れについてチェックしていくというものです。これまではうつ病と診断するのに、理由付けを行えるような事象が無い事も多くありました。しかし、具体的なデータを元にすることによって、よりうつ病であるかどうかの判断が確実なものになることが期待できるのです。光トポグラフィー検査は厚生労働省からも認定を受け、実際の現場でもうつ病の検査を行う際に用いられているのです。光トポグラフィー検査の正確性は非常に高い物であると言われており、うつ病と診断されていたとしても、この光トポグラフィー検査を利用することによってうつ病の種類を判断する時にも利用されるのです。うつ病に用いられる治療として新しいものが磁気刺激治療法となります。この磁気刺激治療法とは磁気による刺激を頭に送ることによって、脳の働きを活性化させるものとなっています。この磁気刺激治療法はまだまだ新しい技術となっており、日本で治療を行うとしても保険を適用することができません。磁気刺激治療法はうつ病の患者に用いられるほか、パーキンソン病や難治性てんかんの患者などに用いられることもあります。