抗うつ剤との正しい知識を身につけうつ病の治療を行いましょう

看護師

うつ病の種類について

一般的なうつ病として挙げられるものが大うつ病となります。大うつ病になってしまう原因として挙げられるのが、ストレスになります。大うつ病は抗うつ剤による治療を行っていくことが必要となるでしょう。

服用方法について

葉っぱ

抗うつ剤は正しく服用することが大切です

うつ病に対しての治療を行う際に、基本的に用いられることとなるものが抗うつ剤となります。抗うつ剤はうつ病の患者にとってどのような働きかけをするのかというと、脳内の神経伝達物質の分泌を促すような効果をもたらします。どうして神経伝達物質に働きかけを行うのかと言うと、うつ病患者は脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが少なくなってしまう傾向にあるからです。このセロトニンやアドレナリンが減少してしまうことによって、うつ病と判断されてしまうような症状が現れてしまうのです。抗うつ剤を服用しはじめると、その効果は即効性のあるものではなく、徐々に効果が現れ始めるものとなります。効果が得られないからといって抗うつ剤の服用を止めてしまう事が無いように注意する必要があるでしょう。一般的に抗うつ剤を飲み始めて効果が現れたと感じるまでには1か月ほど時間を要することもあります。医師は一度抗うつ剤を処方すると、数か月患者の状態を見ながら、抗うつ剤を継続するかということを判断することとなります。そのため抗うつ剤の効果が現れないからといって、自己判断で服用をやめてしまわないように注意しましょう。抗うつ剤を服用する時にも注意するべき事があります。抗うつ剤の効果は非常に緩やかであることから、患者によっては医師より指定された以上の量を服用してしまうようなケースもあるのです。抗うつ剤を医師が指定する以上に服用してしまうと、大きな副作用が発生してしまうことがあります。また、抗うつ剤を水以外の飲料と一緒に摂取することによって効果が薄れてしまったり、副作用が出てしまったりするようなこともあるでしょう。そのため抗うつ剤を服用する時には水と一緒に摂取することが基本となります。抗うつ剤を服用する時には、抗うつ剤だけで飲んでしまうと喉や食道に悪影響を及ぼす恐れがあります。また、胃の中で抗うつ剤が溶けることなく残ってしまい、効き始めるのが遅くなってしまうといったこともあるのです。抗うつ剤を服用する時には、水で飲むことが基本であるということを心得ておきましょう。抗うつ剤を利用する時には、自分の意思で服用する量や服用方法を判断してはいけません。医師が決めたルールにしたがい、きちんと飲み続けていくことが大切です。抗うつ剤を正しく利用しないことによって、うつ病の症状を悪化させてしまうこともあるのです。そのため抗うつ剤は医師が決めた用量と用法を守るようにしましょう。それが抗うつ剤の効果を得るための近道となります。

薬

抗うつ剤だけではない

うつ病の治療を行うには、抗うつ剤を用いた治療法が一般的となっていますが、近年では新しい治療法や検査方法が生み出されています。例えば精神的な治療方法として挙げられるのが認知行動療法となります。

悩む人

仕事との両立について

カウンセリングを受けたり抗うつ剤を服用したりする治療を行いながら仕事を両立させるためには、仕事をすることによってうつ病を治す妨げになるのでは無いかという事を良く確認するようにしましょう。

医者

抗うつ剤の副作用

抗うつ剤を使用する時には、副作用の影響が出てしまうことがあるということを理解しておく必要があるでしょう。抗うつ剤の副作用はうつ病の症状の効果が現れる前に出現してしまうものなのです。